損切りの重要性

株式投資において一番重要なのは損切りだ。
どんなに優秀なトレーダーであっても、購入した株が予想に反して下がってしまうことがある。しかし、彼らはリスク管理に長けており、損切りによって損失を最小限に抑え、次に株を購入するための資金を残しておく技術を持っている。

株式投資を始めたいと思っている人は、上がる株を見つけることよりも、まずリスク管理を学ぶべきなのだ。そこで筆者がおすすめしたいのは逆指値の活用だ。逆指値とは「○○円以上で買う」または「○○円以下で売る」という注文方法だ。逆指値を使えばその株価になれば自動的に注文が執行される。そこで、自分のとれるリスクを把握しておいて、株式の購入と同時に逆指値で損切りの注文を出しておくことをすすめる。この方法による利点は2つある。1つめは1日中パソコンで株価を眺めている必要がないため、時間を有効に活用することができる点だ。2つめは感情に流されずに機械的に損切りが執行されるので、また上がるという願望から損切りが遅れてしまうことを防ぐことができる点だ。このように注文をうまく使い、リスクを管理することが大切なのである。

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

Written by:

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です