株は買い時を自分なりに学ぶ

その株を買った時、何よりも嬉しいのが、株主となったことでしょう。企業に意見を言うこともできるようになりますし、応援団としての役目も担うことになります。

その企業の将来を見据えて、投資をすることが重要です。デイトレードという言葉がありますが、デイトレで100パーセント成功している人は少ないのが現状です。

ましてや株の世界に足を踏み入れたばかりの人がデイトレで完璧に稼ぐのは至難の業です。1回のデイトレで成功したと欲張り、大金を次の日に投資すれば、見事に数十万円が無くなることもあります。

買ってから株価が下がったと感じた時には、数日間、その株を売らずに観察してみましょう。その数日間でも、その企業の業績に貢献できたということに意味があるのです。

デイトレは、かなりの判断力と瞬発力、瞬時に見極める力が必要になります。ちょっとしたミスが失敗となりますし、依存しやすい人には向きません。

色々な上がった銘柄と下がった銘柄を調べ、どこが買い時なのかを学ぶことが必要です。

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

Written by:

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です